髭レーザー脱毛で抜けないってことはあるの?

髭をレーザー脱毛で施術をした場合、自然に髭が抜け落ちてその後は生えてこない、ということが一般的です。
しかしレーザー脱毛を行ったにも関わらず、髭が抜けないということもあります。
その場合にはレーザー照射の際の出力が弱かったということが原因です。
効果がある出力には個人差があります。
髭の質や量によっても効果がある、ないということが関係をしてきてしまうので、効果が現れなかった場合には、クリニックに相談をしてみるとよいでしょう。
再度施術の際に出力を上げて行うようになるでしょう。
そこで効果を得ることが出来るようになる、という場合が多いです。

ただし、出力を過度にあげてしまうと、お肌にもダメージが加わってしまいます。
火傷の状態になってしまったり、ニキビや赤みが生じてしまう可能性もあるので、お肌の状態をチェックしながら出力の調整を行っていく必要があります。

一般的にはレーザー脱毛を行って3日後ぐらいから髭がポロポロと抜けてくるという状態になります。
ただし初回の施術では1週間から10日かかることもありますし、20日後に髭が抜けてきたという人もいます。
かなり個人差もあるので3日程度で全く髭が抜けなかったから効果がなかった、と判断をするのは早いです。

他にもレーザー脱毛の際にしっかりとレーザーが照射されていなかったことにより、抜けにくいという場合もあります。
髭がキレイに落ちなかったとしても慌てることはありません。

また軽く髭を引っ張ってみるのもよいでしょう。
その際にはあまり力を入れないことが大事です。
軽く引っ張ることによってスルっと抜ける場合もあります。
あまり刺激を与えないようにすることも大事なので、基本的には触らずに放置をしておくことが一番よいです。
無理な力を加えないことも髭が自然に抜けるためには必要なことです。

レーザー照射後にキレイに髭が抜けるまでにはある程度の時間もかかりますし、絶対にこの時期に髭がなくなるという断言をすることはできません。
個人差もあるので、少し時間がかかってしまっても、気にしないことです。

ある程度時間が経過をしても抜けないという場合には、クリニックに相談をして施術の際の出力をあげてもらいましょう。
最初から出力が弱かったと思いこまないほうがよいです。
少し様子を見てから判断をしたほうがよいです。

カウンセリングの際に出力は調整をするので、出力の調整がなかった場合には問い合わせを行うとよいでしょう。